比較してみても、やはりニコ生がいいと思う理由は? -配信者に聞くニコ生の魅力-

ライブ動画配信が盛り上がりを見せています。今やYouTubeなどの動画共有サービス提供会社だけでなく、ソーシャルメディアサービスの提供会社などもこぞってライブ動画配信機能を実装し、ゲーム実況や雑談系などを中心に様々なライブ動画が若者の人気を集めています。なぜ今、ライブ動画配信が人気なのでしょうか?
今回は日本国内で最大規模のアクセス数を誇るライブ動画配信プラットフォーム“ニコニコ生放送”などを展開する「niconico」のアンテナショップ、”ニコニコ本社”を訪問し、お話を伺いました。

池袋にあるニコニコ本社

■ニコニコ生放送の特徴とは?

ニコニコ生放送はniconicoのサービスの一つとして、2007年に立ち上がった国内最初のライブ動画配信サイトです。FRIが毎年実施している“Fields Yoka Survey 2017”※1によると、ニコニコ動画利用者は他の動画プラットフォーム利用者に比べると、若くて新しもの好きな男性が多いという特徴のあることが分かりました。

今回取材した”ニコニコ本社”は東京池袋に位置する複合施設。いったいどのようなところなのでしょうか?

Nicocafe-フェリシモ猫部とコラボ中

■ネットとリアルが融合する場所”ニコニコ本社”

――ニコニコ本社とはどんな施設なのですか?

ニコニコ本社はカフェやグッズショップ、サテライトスタジオ、イベントスペースなどを備えた複合施設です。もともとは原宿にあったのですが、ムーブメントを起こしてくれる若い女性を狙って2014年の10月に現在の池袋に移転しました。

―実際に女性の利用は多いのでしょうか?

女性も多いですが、海外観光客や修学旅行の学生、イベントに合わせて来るニコニコ動画ファンなど、間口は結構広いです。

――なぜこのような施設を作ったのですか?

niconicoは、生放送に限らず、ネットとリアルが融合する新しい体験価値の提供を目指しています。ニコニコ超会議などがいい例ですね。このニコニコ本社でも、”nicocafe”の生放送バーカウンターには「あちらのお客様システム」※2というものがあり、このバーカウンターからライブ配信をすると視聴者から本物の差し入れをもらえることがあります。差し入れが入ると配信者は嬉しいし、差し入れをした人はもちろん、差し入れを提供するスタッフやそれを見ているカフェのお客さん、ほかの視聴者もみんな楽しめます。こんな体験ができるのはこのバーカウンターだけです。

※2:「あちらのお客様システム」
http://nicohonsha.jp/bar/sashiire

――バーカウンターはどんな人が利用しているのですか?

年齢層で言うと、男性は30~50代、女性は若い人が多いです。バーカウンターなので、基本的には雑談が中心ですが、イベントの前後に配信する人や、配信者同士での”リア凸”(りあとつ;現実で直接会いに行くこと)もあります。

生放送バーカウンター

■バーカウンターのここが魅力!

そんなバーカウンターを利用している”ちびた”さんに、取材を行うことができました。
ちびたさんは自称17歳、ツインテールの明るい女性です。半年前からニコニコ本社でライブ動画配信を始めました。

――ライブ動画配信を始めたきっかけを教えてください

バイト先のスタッフに勧められました。その方もライブ動画配信をしていたので、いろいろ教えてもらいました。

――初めての配信はどうでしたか?

最初はとても緊張しました。でも視聴者からコメントを頂けたので話を続けることができましたし、安心しました。自慢していいですか?その初配信で、ハードボイルド・ウーロンという大きいグラスのウーロン茶の差し入れが入ったんです!これはプレミアム差し入れと言って、値段が高いのでなかなか頂けないものなんです。こういった反応を頂けるとすごく嬉しいですし、「またやろう」というモチベーションになります。

――普段はどういう配信をしていますか?

視聴者から頂いたネタについて話すのが基本です。このほか、ニコニコ本社の混雑状況やイベント等も話のネタになります。本当に話題がなかったときは、自分のことについて話します。

――他社のライブ動画配信サービスと比べて、バーカウンター配信の魅力は何ですか?

やはり差し入れがあることだと思います。また、本社からの配信だと分かるので、視聴者が”リア凸”することもできます。こうやって直接何かしたり会いに行ったりできる感じは、とてもいいと思います。

ライブ動画配信者-ちびたさん

■ニコニコ生放送とニコニコ本社の今後

最後にニコニコ生放送の今後について伺いました。

――生放送バーカウンターは現在ニコニコ本社にしかありませんが、今後増やす予定はありますか?

ニコニコ本社以外の場所にも生配信バーカウンターのような場を増やせれば、これまで利用が難しかった方々にも楽しんでいただけますので、将来的にはありだと思います。

――今はスマートフォンからの配信を前提としたサービスも多いですね

ニコニコ生放送は、昨今ほどスマホ利用が普及していなかった頃からの利用者も多く、イベントなどではまだ多くのユーザーがノートPCで配信しています。niconicoユーザーの特徴の一つではありながら、PC接触の少ないユーザーにとっては不便な面もあるので、順次対応していきます。この秋には大幅なバージョンアップも予定しています。

編集した動画と比べ、ライブ動画配信は雑談とゲーム実況等が中心となっており、コミュニケーションがより活発になる傾向にあります。元々コミュニティを中心に、ユーザー間の交流を活性化するのが得意なニコニコ動画は、「ネットとリアルの融合」をコンセプトにユニークなサービスを生み出しました。今後は、他のライブ動画配信サービスもコミュニケーションを重視した新機能を展開していくでしょう。

※1:「Fields Yoka Survey 2017」
当社が2016年12月に実施したWebアンケート調査です。全国の小学生~69歳の男女11,646人に対し、余暇に対する行動や価値観などについて聞きました。

プレミアム差し入れ-ハードボイルド・ウーロン

本記事は、エンタテインメントの研究をしているフィールズ研究開発室(FRI)のメンバーが、日頃の活動の中で気になったことに目を向け、独自取材に基づいて、執筆しています。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です