道玄坂のゲートウェイとも言える東急109。ほんの数十年前には最もファッショナブルなビルだったのだが、今はそのたたずまいに一抹の寂しさを感じてしまう。時代が過ぎる、その連続するコマの流れを、このビルは見守っているのかもしれ […]